9月17日
ジュバーナもどきで行こう
六本木〜麻布散歩


六本木、麻布は国際的な繁華街、高級住宅地…そんなイメージがありますが、東京再発見らしく、街の歴史から様々な部分にまでスポットを当てました。ジュバーナ、ジュバーノ(男性形?)になったつもりで散歩をしました。

(港区)
9月23日
老舗と神田っ子の心意気

江戸を偲ぶ神田散歩


アカデミックな雰囲気漂う駿河台、楽器店街の御茶ノ水、スポーツ用品店街の小川町、老舗が多い須田町、神田っ子の心意気を伝える多町、錦町、司町、内神田。江戸の総鎮守が鎮座する外神田。江戸神田を偲んで歩く散歩をしました。

(千代田区)
10月8日
渋谷の地形を知る
若者の街〜高級住宅地まで

渋谷の街は地名の通り、谷底にあるのです。渋谷とその周辺を歩いて地形を再確認しながら、渋谷の歴史に触れて見ました。雑踏を逃れ、大使館のある静かな高級住宅地も歩きました。渋谷の谷を、上ったり下ったり。渋谷の様々な顔を見ていきました。


(渋谷区)
10月22日
麻布散策
高級住宅地と下町風情

雨で中断した散歩のリベンジ。麻布十番、元麻布、南麻布を歩きました。麻布といえば高級住宅地。ロールスロイスにベンツが走り、大使館が多く外国人が歩く姿も自然に見えます。そんな中にも下町のような風情を残した街並みが残っていました。

(港区)
7月8日(土)
プチ散歩企画

根岸と朝顔市
 
台東区の根岸は呉竹の里といわれた風流の地ですが、現在は古くからの家並みが残っていたり、ラブホテル街があったりと、多様な顔を見せています。その根岸を散歩しながら、東京の夏の風物詩、朝顔市を見ました。

(台東区)

TOP >【東京資料感】過去の開催イベント >2006年

●プライバシーポリシー


copyright(c) 2009- Tokyo wo Saihakken surukai All Rights Reserved

●サイトマップ

5月3日
青梅大祭

ツツジの塩船観音寺


青梅の新田開発の歴史に触れ、塩船観音寺ではツツジと柴燈護摩と火渡り荒行を体験。霞丘陵、三田氏ゆかりの寺社仏閣、城跡をハイキング気分で歩いて青梅市街へ。青梅大祭は、山車の競演を最前列で見られて迫力満点でした。

(青梅市)
6月4日
菖蒲咲く

江戸川堤を往く


農家や金魚の養殖池が残り、緑多い江戸川の散歩。親水公園は小川の雰囲気を残し、江戸川河川敷は心地よい風が吹いていました。江戸時代からの風俗や伝統を残す社寺、日本一の影向の松など見どころ満載でした。


(江戸川区)
6月10日
日本の伝統芸能
歌舞伎を見に行こう

今回は散歩ではなく、日本の伝統芸能を知ろうという企画で歌舞伎見学を企画しました。東銀座にある歌舞伎座で4時間以上に渡る歌舞伎の公演を、お弁当を食べながら見学しました。

(中央区)
7月2日(日)
四谷〜新宿 内藤新宿、角筈、花園
新宿の歴史深訪


日本一の繁華街となった新宿の歴史を、散歩しながら掘り起こしていこうという企画。四谷の寺町に江戸を感じ、新宿二丁目に至り、新宿の歴史の始まりとなった内藤新宿について語ります。ゲイタウン、ドヤ街などを歩き、新宿駅方面へ。名店、名所を見ながらその歴史に触れていきました。
(新宿区)
7月29日(土)
江戸の花火と言えば
隅田川花火大会

 
江戸東京の花火と言えば隅田川をおいてありません。江戸時代から続く伝統の両国の花火を見ました。

(台東区)
8月12日(日)
書店街、老舗、近代建築…
江戸を偲ぶ神田散歩


神田といえば江戸時代から続く、古い歴史を持つ街並みです。創業100年を越える老舗も少なくありません。そういった老舗を訪ね、明治から昭和初期に建てられた近代建築を眺めたり、神保町では個性ある書店街を歩いたりしました。


(千代田区)
8月27日(土)
羽村、福生
江戸水道の源流 玉川上水


その昔、江戸に水を供給していたのが玉川上水です。江戸水道の源流 羽村を訪れ、玉川上水について勉強し、その後は酒蔵を訪ねて地酒、地ビールを堪能しました。

(羽村市〜福生市)
11月4日(土)
酉の市体験

&飲もう会
 
酉の市の起源は足立花畑大鷲神社。そして都内各地の寺社仏閣で酉の市は催されますが、やはり江戸時代から現在を通じて最も賑わうのが、浅草鷲神社の酉の市。その浅草酉の市を体験してみました。

(台東区)
11月26日(日)
日本の中枢を歩こう

大手町、丸の内、皇居


日本の経済の中枢である大手町、丸の内を歩きました。皇居東御苑に入って江戸城を偲び、大手町〜丸の内では様々な企業の本社ビルや建物を見て回りました。丸の内〜有楽町はお堀端、丸の内仲通り、ガード下など行ったり来たりでウロウロ。見どころ満載でした。

(千代田区)

12月17日
忘年会&

お江戸日本橋を歩こう


2006年のラスト散歩は、神田に続き江戸を感じようということで、日本橋を歩きました。江戸情緒、老舗、近代建築との出会いになる散歩でした。

(中央区)
12月30日
消えゆく
ローカル線紀行


風情あるローカル線は消え行く一方です。関東では茨城県を走る鹿島鉄道が2007年4月で廃止されることになりました。第三セクターでの存続も検討されているようですが、現時点では廃止の可能性が濃厚です。 廃線してしまう前に、鹿島鉄道に乗ってみました。

(茨城県)

3月12日
芸術の森 上野と
湯島の梅


上野の山は芸術、美術、文化財の山。重要文化財、有形文化財の建物や国立博物館内を見学後、根津まで足を伸ばし湯島へ。上野や湯島の街の成り立ちを考えながら湯島天神で観梅しました。


(台東区)

3月26日
桜の小石川
と歴史散歩


江戸の歴史ある寺社仏閣や文豪の足跡を訪ねながら、桜の名所、播磨坂,小石川植物園を花見散歩しました。


(文京区)
4月1日
桜の花咲く目黒川
花見散歩


有名な目黒川沿いの桜を眺めながら歩き、お昼は清水池の畔でシートを敷いて花見をしました。そのほか中目黒界隈の暗渠となった緑道の桜並木を見たり、郊外の面影を残した寺社を見学したりと、桜や木立を堪能した一日でした。


(目黒区)
4月23日
藤の花咲く亀戸

と砂町銀座


元気な砂町銀座商店街ではビール片手に焼き鳥、おでん、買い食い天国。大島辺りでは東京大空襲の凄惨さを身に感じました。亀戸七福神を巡って亀戸天神へ。藤は満開とはいきませんでしたが、あちらこちらで花を咲かせ、芳香を漂わせていました。

(江東区)

1月28日
鬼平と江戸の名残を求めて
深川散歩


鬼平こと長谷川平蔵に思いを馳せながら江戸の名残がある深川を歩きました。名物の深川めしを食べ、江戸庶民の信仰の場所であったお不動様、江戸三大祭で知られる八幡様を巡り、門仲で一杯引っ掛けました。

(江東区)

2月12日
江戸四宿
品川宿と東海道


品川駅から旧東海道を歩きました。漁師町の面影を残す船溜り、下町のような路地に、歴史を感じさせる寺社仏閣、古い民家。江戸から明治、大正、昭和、平成までの時の流れを一度に体感できる散歩となりました。

(港区〜品川区〜大田区)

2月26日
下町郷愁

町屋


失われゆく昭和の下町の風景を見に行きました。日本初の下水処理施設の上にできた荒川自然公園で白鳥と戯れたり、ぬりえ美術館で貧しいけど力強かった時代に思いを馳せてみたり、町屋の街を歩いたりし、荒川もんじゃの名店浜作へ。

(荒川区)

1月15日
新年会in浅草


浅草の美味しい店、観光名所を網羅するコースを組みました。新年会一次会はアサヒビール直営のレストランで、フラムドール3階にあるフランス料理店ラ・フラム。二次会は日本のバーの草分け、神谷バーで開催しました。

(台東区)

2006年