TOP >【東京資料感】過去の開催イベント >2012年

12月9日(日)
東京のメインストリート
を歩く&忘年会

東京のメインストリートはどこだと尋ねれば、様々な意見があるでしょう。
私は迷わず「中央通り」の名を挙げます。 何故なら中央通りは、日本橋が架かる江戸時代からのメインストリートだからです。
沿道には上野、秋葉原、日本橋、銀座といった名だたる商業地が連なっていて、江戸の歴史、東京の名店を知ることのできる絶好の機会になりました。
(中央通り)
11月18日(日)
フェンスの向こうのアメリカと
横浜最古の寺院

秋の気候の良い時期に、横浜の中区から南区に向かって歩きました。石川町駅から、元町や山手とは逆方向へ。横浜の庶民的な街など、観光客が歩かないようなコースを辿りました。中華街のルーツとなった横浜原住民崇拝の増徳院 、秋の装いに彩られた名のある坂道、フェンスの向こうのアメリカ・米軍根岸住宅等をめぐり、最後は横浜最古のお寺、弘明寺を訪ねました。

(横浜市南区)
11月3日(土)
中央線沿線シリーズ
荻窪

大好評 中央線沿線シリーズ、今回は杉並区ナンバーワンターミナル「荻窪」をご案内しました。 荻窪は「『中央線ブンカ』と呼ばれる雰囲気があまり感じられない街」と一般的に言われています。 中野・高円寺・阿佐ヶ谷と荻窪はどのような点に街の違いが見えるのか感じて下さい。
1月15日(日)
谷根千散歩
今年は千駄木&新年会

谷根千散歩が好きな方はたくさんいらっしゃるでしょうが、千駄木と言っても、なかなか不忍通りの向こう側にまで足を延ばす人は多くないでしょう。藍染川の谷を越えた向こうには、下町情緒もお屋敷町風情も、文豪の足跡も、歴史ある寺町などもあります。この魅力を模索すべく、本郷通りまでの千駄木、本駒込、向丘までを歩きました。
(千駄木界隈)
1月8日(日)
トーキョーナレッジ
編集会議2

東京事典であるトーキョーナレッジを作ろうという会議を12月に開催しました。おぼろげながら形が見えてきましたので、第2回目の会議を開催し、更に具体化していきました。

●プライバシーポリシー


copyright(c) 2009- Tokyo wo Saihakken surukai All Rights Reserved

●サイトマップ

12月2日(日)
紅葉の皇居と
丸の内イルミネーション

10月開催の「皇居お堀散策」のリベンジ企画。都内の紅葉が色づくこの時期に、皇居東御苑やその周辺の紅葉を楽しみ、丸の内を歩きました。日が暮れかかった所で、和田倉噴水公園や丸の内仲通り、東京駅のライトアップやイルミネーションを見て歩きました。
(大手町、丸の内)
9月30日(日)
北区の坂道 PART2
東十条〜上中里

東十条から田端駅の間を歩き、北区の様々な坂道を見て行きました。
江戸近郊の観光地だった王子界隈の風情や名残を辿り、王子駅周辺の老舗や美味しいお店、お稲荷様の関東総社である王子稲荷や古刹、文士が集った田端界隈等をご紹介。
飛鳥山公園では渋沢史料館と重要文化財の建物を見学し、 滝野川公園で地震の科学館に入り、地震体験等もしました。

(東十条〜上中里)
9月22日(土)
バーベキュー篠崎公園


「草木や花、自然とともに安らぎを感じる都会のオアシス」篠崎公園で、東京を再発見する会 毎年秋恒例のバーベキューイベントを開催。
晴れ間も出てバーベキュー日和となり、ビアサーバーの10リッターのビールも30分もしないうちになくなってしまいました。お肉だけでなくパンや焼きリンゴ、キャベツの包み焼、様々な料理が出て、美味しくいただくことができました。

(篠崎公園)
7月21日(土)
ライトアップ
隅田川橋めぐり

真夏の暑い時期に合わせ、夕涼みの夜散歩を開催。 隅田川河口から浅草を目指して歩くコースです。勝どき駅をスタートし、豊海水産埠頭、勝鬨橋、月島のもんじゃストリート、佃島、佃大橋、中央大橋、石川島、永代橋、隅田川大橋、清洲橋と上って行きます。清洲橋で21時になり、節電の為にライトアップも消灯。ライトアップは消えてしまいましたが、新大橋、両国橋蔵前橋、厩橋、駒形橋、吾妻橋と進み、最後は足元から望むスカイツリーのライトアップで終了。真夏の夜の美しい景色を堪能することができました。
(隅田川)
6月2日(土)
中央線カルチャー
阿佐ヶ谷

中央線沿線は独自の文化を持っています。吉祥寺、中野、高円寺と続く、中央線シリーズ第4弾。 今回も阿佐ヶ谷、南阿佐ヶ谷の美味しいお店、阿佐ヶ谷にしかない個性的なお店、阿佐ヶ谷でしか見られないもの等をご紹介。サブカル、演劇、古書などの特色と、土地に根付いた文化の交錯が面白い味わいを出している街でした。 (阿佐ヶ谷) 
5月26日(土)
東京ゲートブリッジ

渡り初め&辰巳〜豊洲散歩

東京湾の新しい名所となる東京ゲートブリッジが、ついに今年2月に開通!新木場からバスで移動し、海の風景を見ながらゲートブリッジを渡りました。中央防波堤埋立地の方へ歩いて行きたい所でしたが、現在のところ橋を渡っても引き返さねばならなく、新木場方面に戻ってまちあるき。昔ながらの団地が連なる辰巳、流通の一大基地でもあり、新しい公園が連なる湾岸地域でもある高層マンション増加中の東雲。ゴールは発展著しい豊洲でした。
(新木場〜豊洲)
5月19日(土)
あらかわスイーツ

コレクション

荒川区で開催する「バラの市」と連動して、バラを見ながら荒川区のスイーツ(洋菓子)のお店を回る企画です。バラの市では、バラの花や鉢植えが安く買える他、様々なお店が出店。また都電沿いにはバラの花が植えられており、下町情緒の都電とバラの花のコラボが一つの沿線風景になっています。更に、バラの市に合わせて4店舗の洋菓子店が、バラに因んだお菓子を発売。これらのお店をご紹介して行きました。
(荒川区)
5月6日(日)
街の記憶 横浜本牧

日本の中の異国

本牧と言えば景勝地で知られ、海岸線は今では想像もつかないような美しい風景が拡がっていました。多くの人に愛された景勝地でしたが、戦後は米軍に接収され、日本人住民は退去させられて米軍の住居が造られました。日本におけるアメリカ文化の発信地になった場所でもあります。景勝地だった海岸はほとんどが埋め立てられて港湾施設になりました。アメリカに接収された場所も、返還された場所もあったり、昔ながらの部分もあったり。そんな本牧の街の記憶をたどってみました。
(根岸、本牧)
4月15日(日)
町屋まちあるきと

トーキョーナレッジ編集会議5

下町情緒が残る、町屋の街や路地を歩きました。「もんじゃ焼き」と言えば月島をイメージする人も多いと思いますが、町屋ももんじゃ屋さんが多いもんじゃタウンであります。町屋のもんじゃ屋さんで有名な「浜作」でランチを摂りました。甘いものが食べたい方は、博多屋のたい焼きを購入したり。
トーキョーナレッジの取材も兼ねまちあるきを行い、終了後はトーキョーナレッジ編集会議を開催しました。
(町屋)
3月25日(日)
神田川散歩完結編
方南町〜井の頭公園

東京を代表する川として、神田川の名前が挙げられます。神田川と日本橋川が中世以前にあった平川で、江戸の町を形成しました。徳川家により流路変更され、400年以上も東京の風景の一部として馴染んで来たものです。これまで2回のイベントで、河口の柳橋から方南町まで遡ってきましたが、今回はその完結編として、水源の井の頭公園まで歩きました。改めて神田川を知ってもらう良い機会になったのではないでしょうか。
(神田川上流域)
7月8日(日)
最後の同潤会アパート

アキバの由来 台東区散歩

建設当時は最新設備としゃれたデザインで人気を博した同潤会アパートですが、徐々に消えていき、最後の一棟となった上野下アパートもついに解体が決定。その最後の同潤会アパートを見学してきました。
また東京有数の寺町であり昭和的な風景の路地裏も楽しめる元浅草や、秋葉原の地名の由来になった秋葉神社、著名人ゆかりの古刹、上野のキムチ横丁、合羽橋道具街、下谷万年町の跡、伝統の朝顔まつりなどを見学しました。
(元浅草〜入谷)
5月13日(日)
東京を再発見する会総会

&まちあるきの達人になろう

NPO法人東京を再発見する会 第二回総会を開催しました。正会員/賛助会員/法人会員以外も参加可能。
(上記会員以外の方は議決権、発言権はありません)
総会終了後には「ぷち勉強会」を開催。「まちあるきの達人になろう」というタイトルで、「散歩」「ウォーキング」「まちあるき」の違いについてお話をしました。
4月22日(日)
春のピザ作り

&春ハイキング

春の気候を感じながら窯焼きピザ体験のできるイベントです。深沢小屋でのピザ作りは、自然に囲まれ気持ちよいので、これまで何度も開催してきました。今回は、春の陽光のもとに山里を歩きながら深沢小屋に向かうのも良いのではないかと企画。当日はあいにくの曇り空でしたが、色とりどりの花々を道中楽しみ、満開の桜にも出会うことができました。
(五日市)
8月25日(土)
ライトアップ ゲートブリッジ
と有明まちあるき

「有明」とはどの様な街でしょう?お台場の隣町でもあり、東京ビックサイトがある地として知られています。また有明コロシアムがあったり、ゆりかもめの本社があったり、最近では学校なども増えています。
水の科学館、虹の下水館、そなエリア、東京ビックサイトなどの無料見学施設を合間に挟みながら、ゆっくりと夏のまちあるき。夜は新木場に移動し、ライトアップされた東京ゲートブリッジを渡りました。
(有明、ゲートブリッジ)
4月1日(日)
目黒川花見
&目黒川源流第2弾 烏山川

一昨年、目黒川の源流から河口まで歩く企画をしましたが、その時は北沢川の源流から歩きました。今回はもう一つの源流である烏山川を歩くという企画でした。烏山川は高源院の池を水源とする自然河川ですが、玉川上水から分かれた烏山用水をもう一つの源としています。久我山駅を出発し、玉川上水の烏山用水の分水点からほぼ失われてしまった烏山用水の流路を辿りました。
花見は中目黒の西郷山公園にて開催しました。
(烏山川流域、西郷山公園)
1月28日(土)
野川中流から下流へ
深大寺の湧水

野川の源流から歩いている散歩の続編。深大寺の清冽な湧水を見て深大寺そばを食べ、河口の方を目指して歩きました。
深大寺では境内を散策したり、鬼太郎茶屋等も見学。昭和30年代の航空写真、地図と現代の地図と見比べたりして調査を重ね、ようやく野川と周辺の河川の因果関係がわかってきたりしました。今回は中之橋まで歩き、成城の高級住宅地を歩きながらゴールとなりました。
(調布〜成城)
10月13日(土)
今年も秋の花火だ!
足立花火大会

千住新橋架橋記念として、大正時代から始まった足立花火。戦時中には中断されたものの、非常に歴史の長い花火大会です。
従来は7月の木曜開催でしたが、昨年から10月土曜開催に変更となりました。涼しく気持ちよく花火を見ることができる季節です。目の前で打ち上がる花火は大迫力で、参加者一同、心行くまで堪能することができました。
(足立区荒川河川敷)
8月19日(日)
街の記憶 横浜本牧
日本の中の異国PART2

5月開催の本牧まちあるき続編。本牧は半農半漁の素朴で風光明媚な海岸でしたが、戦後は大規模な埋め立てが行われ、海岸線は失われて工業地帯となってしまいました。緑多い丘は米軍に接収され、日本人居住地区とはフェンスを隔ててアメリカナイズされた生活が送られていました。米軍が撤退した今、本牧も新しいまちづくりが進められていくのではないでしょうか。そんな本牧の今と昔を思い浮かべながらまちあるきをしました。
(本牧)
6月10日(日)
アジサイと
歴史香る白山、本駒込

アジサイの名所である白山神社を見学しながら、古刹、老舗など歴史を感じられる街並みのある文京区白山、本駒込、向丘と歩きました。白山には花街時代の建物に、路地裏の井戸等、昔ながらの風景が残っていました。(白山)
6月17日(日)
あらかわスイーツ

コレクション PART2

5月開催の、スイーツまちあるきの続編企画です。 南千住から西日暮里までを歩きました。
(荒川区)
3月4日(日)
トーキョーナレッジ
編集会議4

東京事典「トーキョーナレッジ」の編集会議第4回目を開催。
初参加の方や参加回数が少ない方でも、ご興味のある方ならどなたでもご参加いただけます。 東京が好きな方、東京について情報発信をしたい方、東京についてこれから詳しく知りたい方は、是非ご参加下さい 。ホームページ製作、システム構築、記事作成、現地取材等々…できることから始めていただければOKです。
3月11日(日)
江戸野菜って何だろう
勉強会

大都市である江戸や東京に野菜ってあったの? 江戸野菜と聞くとそういった疑問が湧いてくると思います。東京には郊外で栽培されていた伝統野菜である「江戸野菜」がありました。
消えてしまった江戸野菜、復活している江戸野菜、現在、東京都内で栽培されている野菜などについて、皆で勉強してみました。

2月19日(日)
軍都赤羽、十条 街の変遷を見る
北区北部の坂道

北区の赤羽、十条、滝野川編です。軍都と言われた地域だけに、江戸以来この地域の村々は、近代どのような変化を遂げていったのか。坂道を通じて検証して行きました。
古道もあれば、軍事施設を作る際にできたもの、軍事施設から団地や街に変貌する際にできたものもあり。様々な坂の由来が、街の由来に繋がっています。
(赤羽〜板橋)
2月5日(日)
トーキョーナレッジ
編集会議3

東京事典「トーキョーナレッジ」の編集会議第3回目を開催しました。
ドメイン取得やシステム開発についての進捗報告、提案、ロゴの提案、ウェブサイトのデザインについて、システム稼働までの間の作業の進め方等々…多岐に渡って話し合いました。
2012年
10月28日(日)
皇居のお堀散策
内堀通り

「東京の道シリーズ」第2弾企画。
今回は内堀通りを歩きました。
内堀通りは皇居の周りをぐるりと囲んでいて、お堀の風景と緑が気持ちの良い道でもあります。が、イベント当日はあいにくの雨となり、皇居で最も美しいといわれる三宅坂付近から桜田門に出た所で自由解散としました。

(皇居周辺)