5月10日(土)
中央線沿線シリーズ
吉祥寺まちあるき南口エリア編

大人気:中央線沿線シリーズ 吉祥寺駅北口編に続いて、南口編の企画です。末広通りを基本に個性的なお店を見て回り、井の頭通り〜吉祥寺駅方面へ。楳津かずお邸など寄り道しながら、駅前の吉祥寺グルメ、井の頭公園付近のオシャレなお店など巡りました。午後は井の頭公園内、ジブリいせや本店やその周辺のスポットなどを見学。オシャレな店から庶民的な酒場までバラエティに富み、様々な人種が集まり、日本の多文化交差点として楽しめるイベントとなりました。

5月25日(日)
東京を再発見する会総会
&スプラッシュ体験ツアー

本総会には、正会員でない方もご参加いただけます。NPO法人の総会ってどんなことをするのか、まちあるきの時に支払った参加費はどのような使われ方をしているのか等、ご興味のある方はぜひご見学下さい。
総会終了後は、スプラッシュ体験ツアーを企画しました。

6月22日(日)
神楽坂のキホン2


昨年末に開催したイベントでは、神楽坂のバックボーンを探るまちあるきとなりました。 今回は神楽坂の王道、神楽坂のど真ん中を歩き、路地を堪能する企画となりました。

10月19日(日)
子安〜横浜駅
京浜、横浜の面影

今でも現役の漁港と漁師町が生きている街・子安は、浦島太郎伝説が残っている地でもあります。京浜工業地帯の歩みや旧東海道の神奈川宿の歴史を辿りつつ、コットンハーバーなど新しく生まれ変わる京浜地域もご案内する企画。新子安駅からスタートし、横浜駅を目指しました。

9月13日(土)
東京建築作品巡礼
駒場から代官山編

『東京建築作品巡礼』シーズン2の第1回目(通算 第4回開催予定)。今回は、目黒区駒場から代官山、そして隣接する渋谷区の建築を、建築ツアーのガイド経験豊かな、現役の建築家がご案内しました。今回の目玉は、今まではあまり訪れたことのなかった戦前の建築を訪問し、内部見学したこと。 また、現代建築の方も、モダニズムからバブル時代、そして建築界がIT化していった時代の先駆け となる建築など、さまざまな建築を観て回りました。

9月6日(土)
秋のバーベキュー
in大井

毎年恒例の秋のバーベキュー。今年は大井埠頭中央海浜公園にて開催しました。当日は暑いぐらいの気候で、ビールを飲むのには最適な日和となりました。

8月17日(日)
神保町のキホン3
吉祥寺まちあるき南口エリア編

神保町企画の第3弾。古書店や個性的な飲食店が多く、内容が濃すぎて過去2回のイベントでは紹介しきれませんでした。今回は神保町のど真ん中と言えるすずらん通りを中心に、小川町、駿河台と歩き、老舗の美味しいお店が多くある淡路町、須田町界隈までご案内しました。

TOP >【東京資料感】過去の開催イベント >2014年

3月9日(日)
向島界隈
ぶらぶら食べ歩きツアー


墨田区は向島にある 『下町人情キラキラ橘商店街』で、つまみ食いイベントを開催。 午前中はイベントに参加し、午後は向島の和菓子の名店を巡りました。

12月13日(土)
東京建築作品巡礼
池袋

『東京建築作品巡礼』シーズン2の第3回目(通算 第4回開催予定)。経験豊かで饒舌な建築家が講師となる企画です。今回は、建築巡礼初の試みとして、観賞する建築の中でランチを取りました。その他、今をときめく建築家の最新作や、これが建築?という衝撃作など、バラエティー豊かな建築物をご案内しました。

11月9日(日)
東京の旧海岸線を探す
葛西編

江戸時代から現在に至るまで拡張を続けてきたメトロポリス東京は、海を埋め立てて市街地を拡げてきました。現在では建物も建ち多くの人が暮らしている場所が、実は海だったということはあまり想像ができないかもしれません。東京の原点を見つめ直す意味からも、東京の元々の海岸線をたどってみるまちあるきを開催し、今回は昭和30〜40年代までの比較的近年まで、昔ながらの海岸線を残していた葛西方面をご案内しました。

11月22日(土)
東京建築作品巡礼
横浜シリーズ前編

『東京建築作品巡礼』シーズン2の第2回目(通算 第4回開催予定)。横浜シリーズ前篇〜ハマ風に吹かれて港町・横浜編です。
国際都市であり、港町でもある横浜は、そのイメージ通り おシャレな建築も多い「建築シティ」。今回はみなとみらいエリアから馬車道、 日本大通り周辺の近現代建築を鑑賞しました。

3月15日(土)
東京の古道
瀧坂道を行く

東京が江戸と呼ばれていた頃からの古道はいくつも残っています。 江戸幕府が整備した五街道の旧道も、変化の激しい東京の中で見つけることができます。 江戸幕府ができる以前の道も、江戸時代の東海道は海岸沿いを通っていましたが、それ以前の古代東海道は尾根の上を通っていました。鎌倉街道、品川道など現代の街並みの中に古道は残っています。
江戸時代に甲州街道が整備される前に江戸方面から府中、甲州に向かっていた古道、瀧坂道を歩きました。

1月26日(日)
高田馬場のキホン

高田馬場は早稲田大学に近く、各種学校の集まる学生街であり、都内有数のラーメン激戦区であり、手塚治虫の足跡の残る街で、様々な特色を持っています。高田馬場の高田馬場たる所以を探る企画でした。

1月12日(日)
上野の山のキホン

上野は庶民的なイメージが強い街ですが、実は様々な顔を持っている街です。広小路に見る盛り場の顔、アメ横、そして今回取り上げたのは上野桜木、上野公園に見る上野の山といわれる場所。 西郷さんの銅座が鎮座し、春には花見の名所となる上野の山ですが、東京芸術大学があったり、国立博物館をはじめとする博物館、美術館が多く、芸術の森といわれる文化の薫り高い地域となっています。そんな上野の山の謎を紐解きながら歩きました。

●プライバシーポリシー


copyright(c) 2009- Tokyo wo Saihakken surukai All Rights Reserved

●サイトマップ

12月6日(土)
中央線沿線シリーズ
中野アゲイン&忘年会

東京を再発見する会では、独特の沿線文化を持つ中央線沿線をシリーズとして企画してきましたが、今回は原点ともいうべき中野を再訪することにしました。サブカルチャーや個性的なな飲み屋ばかりではない、中野の真の魅力を発見しました。

10月12日(日)
国際交流
谷中まちあるき

東京を再発見する会・初の試み!国際交流イベントとして、外国人の方々と共にまちあるきやうどん作り体験のできるイベントを企画しました。江戸時代から続く竹細工のお店「翠屋」を初めとした谷中銀座の店や、谷中の寺町、谷中墓地などを見学後、「峡田ふれあい館」にてうどん作りの体験をしました。

2月9日(日)
東京の古道
勉強会&まちあるき

東京が江戸と呼ばれていた頃からの古道はいくつも残っています。 江戸幕府が整備した五街道の旧道も、変化の激しい東京の中で見つけることができます。 江戸幕府ができる以前の道も、江戸時代の東海道は海岸沿いを通っていましたが、それ以前の古代東海道は尾根の上を通っていました。鎌倉街道、品川道など現代の街並みの中に古道は残っています。
1時間半ほど東京の古道の勉強会を開催後、瀧坂道を渋谷から経堂まで歩く予定で
したが、当日は積雪の為、勉強会と古民家でのパーティのみ開催しました。

2014年

7月19日(土)
夏はやっぱり花火
足立の花火を楽しもう

夏の風物詩と言えば花火。美しい花火を楽しみながら、夏の暑さを吹き飛ばしましょう!という事で、毎年恒例の足立花火大会鑑賞を、今年も企画しました。東京の花火の中でも、足立の花火は打ち上げ場所の間近で見ることができるので、迫力満点。約1万2千発もの花火が打ち上げられ、堪能しました。

4月20日(日)
伊勢佐木町のキホン

東京に銀ぶらという言葉があるように、横浜にはイセブラという言葉があります。横浜の繁華街伊勢佐木町の歴史から横浜の成り立ちを考えて行くイベントでした。

4月5日(土)
小松川千本桜 花見

今年の花見は、小松川千本桜で有名な東大島で開催。 ここはソメイヨシノ・シダレサクラ・オオシマサクラ等、約10種類1000本の桜が見られる場所として、都内では知られている場所です。
当日は小松川千本桜まつりも開催されたので、まつりを同時に楽しむことができました。

2月23日(日)
神保町のキホン
PART2

2013年11月に開催したイベント「神保町のキホン」で回り切れなかった場所に行く企画。今回は神保町、猿楽町、小川町、駿河台方面を歩き、神保町界隈の「キホン」に触れてみました。