TOP >【東京資料感】過去の開催イベント >2017年

1月8日(日)
知ってるようで知らない上野のキホン

気軽に行ける街として知られている上野ですが、皆さんが思い浮かぶ上野のキーワードは何でしょう?「お花見」?「アメ横」?北の玄関口という歴史があったり、バイク街であったり、コリアタウンであったり、とんかつ激戦区であったり文化の杜であったり、多様な顔を持っているのが上野です。実は知ってるようで知らなかったかもしれない上野を見て歩きました。途中から雨が降り始め、時間を早めて終了し、新年会まで楽しみました。

1月22日(日)
飲み歩きながら街を知る 赤羽編

6:45に赤羽に集合。7時前からいこい支店で立ち飲み開始しセンベロを満喫。8:30に店を出てまるます家に並びました。9時から1時間、まるます家に滞在。川魚やいろいろな肴がありますが3杯ルールがあるので、次は丸健水産でおでんと丸真正宗。4軒目はチェーン店ですが鉄板酒場 鐵一 赤羽店。23区唯一の酒蔵小山酒造やお化け屋敷風居酒屋赤羽霊園を見たり赤羽を知るツアー。その後はWINE酒場 なかなかへ。女性が意外に多かったのが印象的でした。

2月12日(日)
中央線沿線シリーズ番外編 東中野

日本閣も昔は神田川に面した風光明媚な場所に造られた和風庭園を備えた結婚式場だったのでしょう。孤独のグルメやいろいろな番組でも紹介された美味しそうなお店がたくさん。紹介された店以外でも興味をひく店が多々ありました。面白いお酒がある酒屋さんも再訪したいですね。この街を素通りしてしまうには惜しいので是非皆さんに歩いていただきたいものです。
モーゼのパスタを堪能された方も多かったようですね。

2月26日(日)
これからの築地 東京事始めの地

築地駅を9時過ぎにスタートして定番の本願寺へ。築地KYビルの中で展示物など見ますが、皆さんの興味は寿司アカデミーの食べ放題だったり。築地川に沿って東劇、銀座の賑わいを遠く眺めながら築地の最北端入船橋まで来てランチタイム。午後は築地6〜7丁目。明石町に入ると発祥の地ラッシュ。タイムドーム明石で小休止して隅田川沿いを歩き勝鬨橋へ。市場周辺、場外市場をかすめながら築地の西端である浜離宮近くまで行き、朝日新聞社付近の築地市場駅で解散となりました。

3月12日(日)
東京西部の新都心!立川まちあるき

今回はいろいろなお店を見てしまったらますます行きたくなってしまいましたね。ハコモノや新しい施設がドンドンできて多摩の一つの中心として発展していくところが立川の特徴でもあると思うのですが、意外に昭和チックであったり、人に触れ、表面ではない立川のハートを感じることができたような気がします。

3月19日(日)
飲み歩きながら街を知る 上野編

居酒屋4軒にカレー屋さん2軒(デリーとベンガル)と、朝からよく飲みました。

4月1日(土)
新小岩公園花見

午前中まで雨が思ったより長く続いたのでどうなることかと思いきや何とかなりましたね。
寒い中で30名以上もの参加があり、盛況で楽しく飲めたと思います。また5月か6月に飲み企画をすると思います。

4月23日(日)
高尾、八王子城まちあるき

外飲みするには爽快な季節ですね。心霊スポットなんて言われますが、歴史好き、北条好きの私としては越前一乗谷に行った時のようなワクワク感がありました。あの程度の山道なら楽々行けるのでガイドと一緒じゃないといけない部分も気になるので再訪してみたいです。

4月29日(土)
帷子川を遡る 横浜唯一の渓谷と新緑まちあるき

雨で延期になった企画でしたが天候に恵まれ助かりました。
一大工業地帯であった帷子川沿いの土地の変化、帷子川が清流のように変わっていく変化、地域の歴史、いろいろと楽しんでもらえたのでしたら幸いです。打ち上げの店の時間が早い時間しか取れなかったことや時間が足りずに全部回り切れなかったので、続編ではまた陣ヶ下渓谷周辺を通って帷子川源流を目指したいと思っています。

5月21日(日)
東京今昔古地図で比較 東京を再発見する会総会

総会はいつもより簡略化した形でやらせていただき、皆さんの意見やお話を聞くという部分に重点を置きました。
地図比較は海岸線の変化を江戸から明治、大正、戦前、戦後と比較しました。会場周辺の地形を昔の地図で見てみたり、立川、八王子、高尾の変化、野川の変化に言及できました。いろいろな街の定点観測にまで至ることができませんでしたが、地図は興味がある人が多いのでまた行いたいと思います。懇親会も楽しく飲めましたね。

6月4日(日)
下町の勇壮な祭りを見に行こう

今年は陰祭りで本社神輿は出なかったのですが各町内神輿が集まる町屋地区の連合渡御と宮入りを見ることができました。
まちあるきももう少しお見せしたい場所や、南千住駅の反対側の汐入地区の鎮守様である胡録神社もお祭りだったので足を延ばしてみたかったのですが時間が足りませんでした。朝からやってまちあるきもお祭り見学ももっとゆっくりした方がよかったかもしれませんね。お神輿もビールを飲みながらゆっくり見ていたらあっという間に時間になってしまいました。

6月4日(日)
下町の勇壮な祭りを見に行こう

今年は陰祭りで本社神輿は出なかったのですが各町内神輿が集まる町屋地区の連合渡御と宮入りを見ることができました。
まちあるきももう少しお見せしたい場所や、南千住駅の反対側の汐入地区の鎮守様である胡録神社もお祭りだったので足を延ばしてみたかったのですが時間が足りませんでした。朝からやってまちあるきもお祭り見学ももっとゆっくりした方がよかったかもしれませんね。お神輿もビールを飲みながらゆっくり見ていたらあっという間に時間になってしまいました。

6月11日(日)
板橋のキホン 知られざる板橋の魅力

大山ハッピーロードは昔の川越街道。活気があふれてましたね。飲みに行きたいお店をいくつか見つけてしまいました。
板橋宿は知っていても上板橋宿は知らない方も多かったのではないでしょうか。時間切れで中板橋駅までしか歩けませんでしたが、また板橋シリーズはやろうと思っています。中板橋〜常盤台〜赤塚、成増方面とか、板橋本町〜志村、高島平とか。打ち上げの花門は良かったですね。

6月17日(土)
飲みながら街を知る 北千住編

早めに着いたので「幸楽」に9:55から入りました。ドキドキ一人飲みでしたが、道灌山通りに開店準備をされている山口さんがいらしてお話を伺いました。開店が楽しみですね。
北千住駅で11時過ぎに集合し、「2538」(にこみや)、「じんざえ門」、「天七」、「雄武」、店名を覚えていない居酒屋、「韓韓麺」と7軒をハシゴして最後は記憶が飛び飛び。酔っぱらってからは全然写真を撮ってません
しかしいろいろな人とお話しできて楽しかったです。千住楽しいですね。また企画したいです。

6月24日(土)
東北6県美味いものを食べよう&根津〜本郷ショート散歩

池之端と根津を歩くまちあるきになりました。下町的な路地のたたずまい。一昔前なら東京のそこかしこで見られた風景ですが、現在ではノスタルジーな風景になってしまっています。谷根千はそんなノスタルジーに出会えるから人気があるのでしょうね。池之端には古民家カフェが多く、井戸を眺めながら根津の路地へ。道路に蝋石で落書きがしてある。夕食の匂い。生活感・・・・興味を惹くお店の数々。最後の方は急ぎ足になってしまいましたが本郷へ。いろいろな日本酒を飲みましたが酔っ払いのいつものパターンで写真を全然撮ってません。

7月2日(日)
下町の暗渠を歩く 台東、荒川区編

下町の暗渠は数あれど東京のディープな歴史や江戸東京の境界と絡めて山谷堀、思川、音無川を紹介させていただきました。ブラタモリの影響ですかねえ?あれほど暗渠に興味を持つ人が多いと思いませんでした。また外国の方も多く参加して下さいまして嬉しかったのですが、ディープな場所ばかりだったので大丈夫かと少し心配になりました(笑)暑い日だったので皆さん大変だったでしょう?暑いせいもあり日暮里駅までしか歩けませんでしたが、続きを含めたまちあるきをまた企画したいと思います。

7月15日(土)
飲みながら街を知る 中野編

沖縄のお祭りが開催されている中、お祭りには目もくれず白昼堂々と飲み歩いていました。行きたいお店はたくさんありますが、多すぎてなかなか。中野第二弾、第三弾も企画できそうですね。回ったお店は酔っ手羽中野店、串揚げの四文屋、けむり屋、めりはり屋でした。

●プライバシーポリシー


copyright(c) 2009- Tokyo wo Saihakken surukai All Rights Reserved

●サイトマップ

2017年