特定非営利活動法人 東京を再発見する会(以下、当会といいます。)は、正会員、利用会員、賛助会員の皆様に当会をご利用戴く際に、会員の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等、活動やご連絡に必要な情報(以下、「個人情報」といいます。)を開示して戴きます。当会は、個人情報保護法の趣旨のもと、この「個人情報取扱規程」に基づき個人情報を取り扱います。

(個人情報の利用目的)
第1条  当会は個人情報を以下の目的で利用させて戴きます。
 正会員、利用会員、賛助会員へイベントの詳細や活動に関するお知らせをする為に、会員の氏名、メールアドレス等の連
 
絡先情報を利用します。

 正会員、賛助会員への入会金、会費の請求の為に、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、会歴等の情報を利用しま 
  す。


 正会員、賛助会員の会員証を作成する為に、氏名、電話番号(緊急連絡先)、会歴等の情報を利用します。

4 正会員、賛助会員へ会報誌をお送りする為に、氏名、住所等の連絡先情報を利用します。

5 会員からのご要望、お問い合わせに対する回答をする為に、会員の氏名、住所、電話番号、メールアドレ
  ス等の連絡先情報を利用します。

(個人情報の管理)
第2条  当会は以下の体制で個人情報を管理します。

1 個人情報保護法に従って必要な体制を整備し、個人情報の取扱を適正に行います。

2 個人情報の利用を業務上必要な役員、社員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体等の保管・管理を厳重に
  行います。

(第三者提供について)
第3条  当会は、あらかじめ本人の承諾なく、個人情報を第三者に提供しません。

ただし、個人情報保護法その他関連法令に別異の定めがある場合を除きます。なお、会報誌の発送等、活動を遂行するにあたり、配送業者等の必要な外部委託を行う場合は第三者提供には該当しません。

(個人情報の開示
第4条  当会は、会員の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に
   該当する場合はその限りではありません。

1 法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合。

2 法令に特別の規定がある場合。

3 会員や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合。

4 法令や当会のルール・定款・注意事項に反する行動から、当会の権利、財産または活動を保護する必要があり
  本人の同意を得ることができない場合。


5 会員から個人情報の開示要求があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

以上

平成22年4月1日制定

特定非営利活動法人 東京を再発見する会

理事長 兒玉匡一


東京を再発見する会は、個人情報保護法の趣旨のもと、この「個人情報取扱規程」に基づき個人情報を取り扱います。

●プライバシーポリシー


copyright(c) 2009- Tokyo wo Saihakken surukai All Rights Reserved

●サイトマップ

TOP>プライバシーポリシー